--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.12

夏の工芸学校 2010

今年の「夏の工芸学校」

参加者は布・陶・木・紙・花・ガラス・骨董など33ブース、
青森県内の作家さん他、福島・岩手・秋田・函館から参加してくれます。

今回も参加のちゃままさん、カフェ・デ・ジターヌさん、野風パンさん、
小粒さん、新しく花いちりんさんが参加郷土料理の「いもこ汁」やおにぎりを販売します。
風のひろばさんは22日だけ参加します。
新鮮な無農薬野菜などを販売、美味しい物がたくさん揃います。

ワークショップは、全28講座開催。
カルトナージュや和菓子づくり、写経など楽しい講座が増えました。

只今、ワークショップ参加者、募集中です!

各講座、定員が若干名ですので、気になるワークショップお早めにどうぞ☆

ワークショップの詳細と、お申し込み方法はこちらからどうぞ。

スポンサーサイト
Posted at 20:33 | 2009-お知らせ | COM(0) | TB(0) |
2009.08.14

津軽三味線 演奏会

工芸学校まであと少し。

参加されるみなさんは、今まさに作品と向き合っているでしょうか。
企画側も、看板作りや、会場設営準備、宣伝活動に努めております!

夏の終わりはなんだか寂しさが漂うものです。
それは小さな頃であれば、単純に夏休みが終わってしまう!とか、毎日遅くまで寝ていられないなーとか、
そういったものだったと思いますが、
大人になると、お仕事もありますので、夏休み気分をあまり感じることは少なくなってしまいましたが、
でも、一年の中でも暑い暑いと嘆くことだったり、あちこちで花火の音がしたり、浴衣を着たり、
春、秋、冬の中でも比較的、異色な季節だと思います。

夜の長い冬時間の多い北欧などの夏は、約1ヶ月くらいだそうです。
ここでは、夏のために生きているのだということも聞いたこともあります。

青森といえば、ねぶた祭り。
でも、夏の終わりの涼しい頃、木々の緑と海の青に囲まれた静かな学校で過ごす3日間もなかなかいいのではないかと思います。

ワークショップも満席となってしまったものもありますが、
まだ募集を受け付けているものもございます。この機会にぜひご参加ください。

それから、工芸学校に参加してくださる「津軽の職人さん」チームのお一人・ゆはらみちるさんによる
津軽三味線の演奏会も決定しました。

青森県津軽地方で誕生した三味線。
明治時代から昭和初期、目の不自由な「ボサマ」と呼ばれる芸人達の門付け芸(人様の家の前で演奏し、糧を得ることで生活する芸)として生まれ、発展しました。
独奏や弾き語りとして始まり、今日では津軽民謡の伴奏楽器として用いられるようになりました。

津軽三味線は盲人芸なので本来は楽譜はありません。(今では譜面を用いることもあるそうです)
ある一定の制約を保ちながら、決まったフレーズなど構成を変えて弾いていきます。
同じ曲でも演奏者によって内容は違い、また、弾く度に内容が変わるもの。

津軽三味線の音色はさまざまです。。
炎のように力強くも、か細く透き通る繊細な音色、明るく楽しい音。
人間らしい表現が聞こえてくるようです。
毎日午後14時より、体育館で演奏いたします。お楽しみに!


ワークショップの募集はこちら

8月21日(金)
B. ヘアピンとストラップ作り / Polka doT(T)



【時 間】 10:00-12:30
【参加費】1800円 (材料費込・税込)
【定 員】10名
透明樹脂パーツに転写コピーした押し花を水転写した後、布を貼った台座に接着し、
オリジナルヘアピン、ストラップをひとつづつ制作します。
(ストラップは、ペンダントトップとしても使えます)





8月21日(金)・22日(土)
C. 革のピルケース / raconter


【時 間】 10:00-12:30
【参加費】1800円 (材料費込・税込)
【定 員】6名
普段使いにちょうどいいミニサイズのケース。なくしてしまいがちな薬や飴などを入れて持ち歩くのに便利です。









E. Doggie Bagのグリーンアレンジ / Atelier muguet



8月21日(金)・23日(日)
【時 間】 両日とも13:30-16:00
【参加費】2300円 (材料費込・税込)
【定 員】6名
カフェのランチボックスなどに使われる「ドギーバッグ」をベースに、
お水をあげなくても生花の風合いを長期間楽しむことができるプリザーブドフラワーを使って、
夏らしいグリーンたっぷりのオシャレなナチュラルアレンジを作ります。
お花のお色は選べ頂けます。親子での参加も大歓迎です!


※お申込の方はご希望の日程(8/21または8/23)をご明記ください。


8月22日(土)
I. 七輪陶芸を使って小物を作ろう / うつわ夜工會


※23日(日)もご参加頂ける方のみ
ご予約をお受けいたします。
【時 間】 10:00-12:30
【参加費】1000円 (材料費込・税込)
【定 員】20名
ペンダント、ボタン、箸置きなど、陶芸粘土で小物を作りましょう。
乾いたら次の日(23日)に七輪で焼きます(3~4時間)。
土の焼けている様子を見ることができます。焼いたその日にお持ち帰り頂けます。





8月22日(土)
Y. 金繕い / アンティーク はな


【時 間】 10:00-14:00 (12:30-13:30お昼休憩)
【参加費】2000円 (材料費込・税込)
【定 員】10名
伝統的な陶磁器の修理法・金繕い(金継ぎ)。陶器の割れや欠けを漆で継ぎ、傷に純金で蒔絵をして繕う伝統の技法。
今回は、体験コースとして、漆の変わりにパテを使用します。
割れてしまったり欠けてしまった陶器類をお持ちください。
時間の無い方は途中まででも可







P. トークショー:こぎん刺しの歴史 / 弘前こぎん研究所 成田貞治所長


【時 間】 13:30-16:00
【参加費】300円 (材料費込・税込)
【定 員】30名
約300年前に衣類の補強と保温の必要性から生まれた技術。限られた制約の中で、表現されるこぎん刺しは、装飾性と美しさも持ち合わせています。今回は、弘前こぎん研究所所長・成田貞治さんご協力のもと、今では貴重な古いこぎん刺しの資料とともに、こぎん刺しについての歴史についてのお話会を開催します。





8月23日(日)
R.こぎん刺しのコースター / 弘前こぎん研究所




【時 間】 a.10:00-12:30 b.13:30-16:00
【参加費】1500(材料費込・税込)
【定 員】15名
麻の布目にそってひと針ひと針、刺し進んでいくこぎん刺し。美しい幾何学模様と温かみある素朴な風合いが特徴です。今回は初めての方でもお作りいただけるコースターを作ります。






※お申込の方はご希望の時間(a.10:00- まはた b.13:30- )をご明記ください。


8月23日(日)
S.藁で作る「草履作り」体験 / よもぎたっ子教室実行委員会



【時 間】 10:00-12:30
【参加費】1000(材料費込・税込)
【定 員】10名
藁を使って草履作り体験をしましょう。









村上さんのワークショップ、追加で開催いたします。
8月23日(日)
K. 織り機で作るティーマット / 村上あさ子




【時 間】 10:00-12:30
【参加費】3000円 (材料費込・税込)
【定 員】3名
大きな織り機で裂織ティーマットを2枚作ります。後日、ポーチやペンケースに加工も可能です。(別料金)










・お申込みの方には折り返し確認のご連絡を差し上げます。
・講座によっては事前にご用意頂くものもございます。
・ご記入頂きました個人情報は、今回のイベントのご案内のみ使用させて頂きます。


【お申込み】
�ご希望のワークショップ名 �お名前(フリガナ)  �郵便番号・ご住所 �お電話番号 �メールアドレス
をご記入の上、アートブックショップ info@colourfield.co.jp までお申込ください。

その他のワークショップは、こちらをご覧ください。
http://minnanno.exblog.jp/11507594/



写真は、マルシェよもぎたで、今年の1月に撮ったもの。
蒸された後なので、ぷりぷりほくほくの足です。
マルシェよもぎたは、工芸学校もある国道280号線沿いにあります。
蓬田村で採れた野菜なども販売しています。そしてこのたこやほたても。
朝、学校に行きながら、または、学校帰りの寄り道におすすめです。

Posted at 15:08 | 2009-お知らせ | COM(0) | TB(0) |
2009.08.11

校長先生、ラジオ出演!

夏の工芸学校のイベントをさまざまな場所でご紹介いただいておりますが、
今日は「ウーマンエキサイト」内のトピック欄に掲載していただきました。
http://woman.excite.co.jp/

外に向けて発信することは、同時に内にも向かう矢印となります。
いいと思うことを、いい形で実現させること。がんばります!

明日8月12日(水)、青森放送(RAB)「今日も朝ぷり」で、
工芸学校・校長先生の村上あさ子さんが電話出演いたします。
校長先生は朝の9時5分からです!


写真は全然関係ありませんが、蓬田村にある「マルシェ よもぎた」で見た、茹でたてたこです!
青森は海の近く。こうした自然もすぐ側にあるのです。
Posted at 21:14 | 2009-お知らせ | COM(0) | TB(0) |
2009.08.05

工芸学校ワークショプ追加



こぎん模様をあしらった、夏の工芸学校のリーフレット。
イベントスタッフの手によって県内の雑貨店やカフェ、公共施設などあちこちで配布しております。
また参加される作家さんからも、いろいろな場所へ渡っています。

リーフレットは、ワークショップの内容が写真付きで一覧で見れるようになっています。
申込先なども明記しておりますので、ご興味のある方はこの機会にぜひご参加ください。


リーフレット完成後に決定したワークショップがありますのでお知らせです!


一つはこのブログではご紹介済みですが、
Y. 8月22日(土) 開催、アンティークはなさんによる「金繕い」のワークショップ




【時 間】 10:00-14:00 (12:30-13:30お昼休憩)

【参加費】2000円 (材料費込・税込)

【定 員】10名






伝統的な陶磁器の修理法・金繕い(金継ぎ)。陶器の割れや欠けを漆で継ぎ、傷に純金で蒔絵をして繕う伝統の技法。
今回は、体験コースとして、漆の変わりにパテを使用します。
割れてしまったり欠けてしまった陶器類をお持ちください。
時間の無い方は途中まででも可



Z. 8月23日(日)には、岡田哲子さんによるトークショー「菜食を見直そう~野菜を食べたくなる90分~」を行います。




【時 間】 13:30-16:00

【参加費】1000円 (税込)
※参加される方には、開演前に、おからこんにゃくの 「から揚げ&カルビ焼き」をご試食していただきます。
メニューに変更がある場合もございます。

【定 員】30名




食感はお肉のようなのに中身はおからとこんにゃくという「おからこんにゃく」は、肉に偏りがちな食生活を改善するのに役立つユニークな新素材。
カロリーが低く繊維が豊富な事で、TVや雑誌などでも話題になっています。


「女の人は四足を食べてはいけない。四足は家の中で料理してはいけない。朝は朝精進といって煮干も使ってはいけない。」

これは半世紀前までの、日本女性が心がけていたことです。
これを知っている人は、今どれだけいるでしょうか?

たった数十年前までの日本の習慣「慈しみの食文化」は忘れ去られ、伝え継ぐ人も、いなくなりつつあります。

あるものをどうにかする。無駄なく利用する。ということは、シンプルなことのようで、実は今の時代では難しいことになってしまったように思います。

今回はベジタリアン料理研究家であり、このおからこんにゃくを開発した岡田哲子さんによるトークショーを行います。
岡田さんは、おからをお豆腐屋さんに買いに行ったとき、お金をかけておからを捨てていることを知り、こんなに体に良いものを捨ててはいけないと、おからこんにゃくを考え出したそうです。

参加される方には、開演前に、おからこんにゃくの 「から揚げ&カルビ焼き」をご試食していただきます。
メニューに変更がある場合もございます。

岡田哲子 公式サイト www.okadatetsuko.com




これで26個の工芸学校ワークショップが揃いました!
その他のワークショップの参加募集も行っております。この機会にぜひご参加ください。
詳しくはこちらをご覧ください。
http://minnanno.exblog.jp/11507594/

【お申込み】
�ご希望のワークショップ名  �お名前(フリガナ)  �郵便番号・ご住所  �お電話番号  �メールアドレス
をご記入の上、アートブックショップ info@colourfield.co.jp までお申込ください。

・お申込みの方には折り返し確認のご連絡を差し上げます。
・講座によっては事前にご用意頂くものもございます。
・ご記入頂きました個人情報は、今回のイベントのご案内のみ使用させて頂きます。

Posted at 19:35 | 2009-お知らせ | COM(0) | TB(0) |
2009.07.14

ワークショップ参加者募集

夏の工芸学校 期間中3日間、ワークショップを開催いたします。
場所は、学校内の教室や体育館などでそれぞれ行います。


8月21日(金)

A. ちくちく、こぎん刺し / こさじ舎・lite


※定員に達しました。

【時 間】 10:00-12:30
【参加費】600円 (材料費込・税込)
【定 員】10名
北欧の刺繍にも似た雰囲気のこぎん刺し。現代の生活にも溶け込むようにと作られているのが、こさじ舎 liteのこぎん刺しです。
今回は実用的な髪飾りを作ります。一針、ヒトハリ、心を込めて作ってみませんか?









B. ヘアピンとストラップ作り / Polka doT(T)



【時 間】 10:00-12:30
【参加費】1800円 (材料費込・税込)
【定 員】10名
透明樹脂パーツに転写コピーした押し花を水転写した後、布を貼った台座に接着し、
オリジナルヘアピン、ストラップをひとつづつ制作します。
(ストラップは、ペンダントトップとしても使えます)









C. 革のピルケース / raconter


【時 間】 10:00-12:30
【参加費】1800円 (材料費込・税込)
【定 員】6名
普段使いにちょうどいいミニサイズのケース。なくしてしまいがちな薬や飴などを入れて持ち歩くのに便利です。












D. 豆本への扉 / refrain


【時 間】 10:00-12:30
【参加費】1500円 (材料費込・税込)
【定 員】10名
6cmほどの、小さな豆本の製本。
製本方法は、一折りの糸かがり綴じ。
手づくりの楽しさやあたたかさを、いつもポケットにしのばせて。
製本の仕方を学び、オリジナルの写真集や絵本、詩集などを本というカタチで心を表現するという、ひとつのきっかけとして、豆本への扉、開いてみませんか?









E. Doggie Bagのグリーンアレンジ / Atelier muguet



【時 間】 13:30-16:00
【参加費】2300円 (材料費込・税込)
【定 員】6名
カフェのランチボックスなどに使われる「ドギーバッグ」をベースに、
お水をあげなくても生花の風合いを長期間楽しむことができるプリザーブドフラワーを使って、
夏らしいグリーンたっぷりのオシャレなナチュラルアレンジを作ります。
お花のお色は選べ頂けます。親子での参加も大歓迎です!









F. 消しゴムはんこ / 消しゴムはんこ mizutama


※定員に達しました。

【時 間】 13:30-16:00
【参加費】3000円 (材料費込・税込)
【定 員】10名
消しゴムを彫って ハンコを作ります。
出来上がった消しゴムはんこでオリジナル栞作りにチャレンジしてみましょう!
デザインカッター ・ 消しゴムはんこスタートキット(ハンコ専用消しゴム・インク・ねりけし・三角等) の道具一式をお持ち帰りいただけます。









G. とんぼ玉と麻ひもで作る夏のアクセサリー / こむれ みほ(Polka doT)




【時 間】 13:30-16:00
【参加費】2800円 (材料費込・税込)
【定 員】
10名
手作りのとんぼ玉の中からお好きなものを選んでいただき、革ひもと麻ひもでネックレスを作ります。
この機会に、ほんの少し難しい麻ひもを編むこともマスターして、オリジナルアクセサリー作りにもチャレンジしてみましょう。









H. ビニールコーティング生地で作るポーチ / shizuerock




【時 間】 13:30-16:00
【参加費】1500円 (材料費込・税込)
【定 員】6名
ビニールコーティングされた生地を使い、自立するポーチ大小2つ作ります。
軽くて丈夫なコーティング生地が自立することでグッと用途が広がり、いつも側に置いておけます。
コツさえ掴めば簡単に仕上がりますので、ミシンや裁縫は苦手という方も大歓迎です。









8月22日(土)

I. 七輪陶芸を使って小物を作ろう / うつわ夜工會


※23日(日)もご参加頂ける方のみ
ご予約をお受けいたします。
【時 間】 10:00-12:30
【参加費】1000円 (材料費込・税込)
【定 員】20名
ペンダント、ボタン、箸置きなど、陶芸粘土で小物を作りましょう。
乾いたら次の日(23日)に七輪で焼きます(3~4時間)。
土の焼けている様子を見ることができます。焼いたその日にお持ち帰り頂けます。









J. アンティーク・イニシャルネックレス / ok!mom


【時 間】 10:00-12:30
【参加費】2000円 (材料費込・税込)
【定 員】10名
100年以上も時間を経て、今に伝わるアンティークレース「St'Gallen モノグラム」。
繊細で美しい、モチーフレースを使い、自分のイニシャルや、大切な方のイニシャルの、ちょっと特別なネックレスを作りませんか?
(使用素材:スイスアンテーク「St'Gallenモノグラム」、淡水パール etc...)









K. 織り機で作るティーマット / 村上あさ子



※定員に達しました。

【時 間】 10:00-12:30
【参加費】3000円 (材料費込・税込)
【定 員】3名
大きな織り機で裂織ティーマットを2枚作ります。後日、ポーチやペンケースに加工も可能です。(別料金)









L. 革のピルケース / raconter





【時 間】 10:00-12:30
【参加費】1800円 (材料費込・税込)
【定 員】6名
普段使いにちょうどいいミニサイズのケース。なくしてしまいがちな薬や飴などを入れて持ち歩くのに便利です。









Y. 金繕い / アンティーク はな


【時 間】 10:00-14:00 (12:30-13:30お昼休憩)
【参加費】2000円 (材料費込・税込)
【定 員】10名
伝統的な陶磁器の修理法・金繕い(金継ぎ)。陶器の割れや欠けを漆で継ぎ、傷に純金で蒔絵をして繕う伝統の技法。
今回は、体験コースとして、漆の変わりにパテを使用します。
割れてしまったり欠けてしまった陶器類をお持ちください。
時間の無い方は途中まででも可









M. アンティーク・イニシャルネックレス / ok!mom



【時 間】 13:30-16:00
【参加費】2000円 (材料費込・税込)
【定 員】10名
100年以上も時間を経て、今に伝わるアンティークレース「St'Gallen モノグラム」。
繊細で美しい、モチーフレースを使い、自分のイニシャルや、大切な方のイニシャルの、ちょっと特別なネックレスを作りませんか?
(使用素材:スイスアンテーク「St'Gallenモノグラム」、淡水パール etc...)









N.重曹と自然素材で作る生活アイテム / クリーン・プラネット・プロジェクト


【時 間】 13:30-16:00
【参加費】2300円 (材料費込・税込)
【定 員】15組
魔法の粉「重曹」と自然素材で『人と地球に優しい暮らしのアイテ ム』 を手作り&重曹ミニ講座。
精油のいい香りに包まれながら…安全安心な重曹アイテムの作り方と使 い方をマスターしましょう。
●バスボム入浴剤●お掃除にクリームクレンザー●衣類のリフレッシュ ナー●重曹ハミガキ…を作ります。(お好きな精油を選べます。容器つき。)









O. 津軽塗の箸の研き出し体験 / 津軽の職人さん


【時 間】 13:30-16:00
※14時半以降ご参加頂ける方のみ募集
【参加費】1200円 (材料費込・税込)
【定 員】15名
あらかじめ漆を数十回塗り重ねておいた箸を紙ヤスリを使って研ぎを繰り返し模様を出して仕上げる体験。体験して頂いた後、ツヤをつけて後日ご返送いたします。(一週間ほどお時間を頂きます)











P. トークショー:こぎん刺しの歴史 / 弘前こぎん研究所 成田貞治所長


【時 間】 13:30-16:00
【参加費】300円 (材料費込・税込)
【定 員】30名
約300年前に衣類の補強と保温の必要性から生まれた技術。限られた制約の中で、表現されるこぎん刺しは、装飾性と美しさも持ち合わせています。今回は、弘前こぎん研究所所長・成田貞治さんご協力のもと、今では貴重な古いこぎん刺しの資料とともに、こぎん刺しについての歴史についてのお話会を開催します。









8月23日(日)

Q. ビーズストラップ・チョーカー作り / 風のひろば




【時 間】 10:00-12:30
※10時半以降ご参加頂ける方のみ募集
【参加費】600円 ~(材料費込・税込)
【定 員】6名
インドのビーズ職人さんが作ったきれいなビーズを使って、ストラップ、またはチョーカーを作ります。
何種類もあるビーズから自分の好きなビーズを選んで、配色をあれこれ考える時間をお楽しみください。









R.こぎん刺しのコースター / 弘前こぎん研究所




【時 間】 10:00-12:30
【参加費】1500(材料費込・税込)
【定 員】15名
麻の布目にそってひと針ひと針、刺し進んでいくこぎん刺し。美しい幾何学模様と温かみある素朴な風合いが特徴です。今回は初めての方でもお作りいただけるコースターを作ります。









S.藁で作る「草履作り」体験 / よもぎたっ子教室実行委員会



【時 間】 10:00-12:30
【参加費】1000(材料費込・税込)
【定 員】10名
藁を使って草履作り体験をしましょう。











T. 豆本への扉 / refrain



【時 間】 10:00-12:30
【参加費】1500円 (材料費込・税込)
【定 員】10名
6cmほどの、小さな豆本の製本。
製本方法は、一折りの糸かがり綴じ。
手づくりの楽しさやあたたかさを、いつもポケットにしのばせて。
製本の仕方を学び、オリジナルの写真集や絵本、詩集などを本というカタチで心を表現するという、ひとつのきっかけとして、豆本への扉、開いてみませんか?









U. 和のゆびぬき / 和のゆびぬき茶夢



【時 間】 10:00-12:30
【参加費】1000円 (材料費込・税込)
【定 員】10名
絹糸でかがり模様を出す「和のゆびぬき」。そのミニサイズを作って絹の素敵な色と輝きに触れてみませんか?
土台から作るととても時間のかかる代物なので、お好きな色の糸を自由に選んでいただき、糸をかがる作業のみ体験して頂きます。









V. Doggie Bagのグリーンアレンジ / Atelier muguet


【時 間】 13:30-16:00
【参加費】2300円 (材料費込・税込)
【定 員】6名
カフェのランチボックスなどに使われる「ドギーバッグ」をベースに、
お水をあげなくても生花の風合いを長期間楽しむことができるプリザーブドフラワーを使って、
夏らしいグリーンたっぷりのオシャレなナチュラルアレンジを作ります。
お花のお色は選べ頂けます。親子での参加も大歓迎です!









W.小枝フレームにちょこっと織り / ナガヤマブンコ手芸室


【時 間】 13:30-16:00
【参加費】500円 (材料費込・税込)
【定 員】5名
タテ糸にヨコ糸をクロス。それだけで「織り」は生まれます。
小枝のフレームに、あたたかく、そしてちょこっとアートな糸遊び。す
てきな空間と、そこに流れる時間に漂いながら、思いのままに糸をくぐらせていきましょう。









X.こぎん刺しのコースター / 弘前こぎん研究所



【時 間】 13:30-16:00
【参加費】1500(材料費込・税込)
【定 員】15名
麻の布目にそってひと針ひと針、刺し進んでいくこぎん刺し。美しい幾何学模様と温かみある素朴な風合いが特徴です。今回は初めての方でもお作りいただけるコースターを作ります。









K. 織り機で作るティーマット / 村上あさ子



※定員に達しました。

【時 間】 13:30-16:00
【参加費】3000円 (材料費込・税込)
【定 員】3名
大きな織り機で裂織ティーマットを2枚作ります。後日、ポーチやペンケースに加工も可能です。(別料金)













・お申込みの方には折り返し確認のご連絡を差し上げます。
・講座によっては事前にご用意頂くものもございます。
・ご記入頂きました個人情報は、今回のイベントのご案内のみ使用させて頂きます。


【お申込み】
�ご希望のワークショップ名 �お名前(フリガナ)  �郵便番号・ご住所 �お電話番号 �メールアドレス
をご記入の上、アートブックショップ info@colourfield.co.jp までお申込ください。


Posted at 16:17 | 2009-お知らせ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。